温度を安定させる

車のエンジンの冷却系について書いていきます。車のエンジンの内部では、加熱しすぎや摩擦を起こさないために

どういう事が行われているのでしょうか。それは冷却や潤滑というものが行われています。もし、冷却や潤滑をしないならばどのようにになってしまうのでしょうか。燃焼による高温状態、また金属同士の摩耗をそのままにしてエンジンをまわし続けるならば大変なことになります。エンジンは異常過熱してしまいますし、それによって、金属部品は溶けてしまい、摩耗で削れて破損してしまうという結果になってしまいます。そのようにエンジンが必要以上に加熱するのを防ぎ、温度を安定させるということ、それが冷却系の役割ということができます。また部品同士のスムーズな動きを生み出すための役割があるのが潤滑系ということができます。エンジンの内部で起きている事柄をしっかりと理解するならば、潤滑油の役割というものをよく理解するということができます車買取 西宮